林宙紀 オフィシャルWEBサイト林宙紀 オフィシャルWEBサイト

林 宙紀衆議院議員WEBサイト

林 宙紀の理念

林宙紀

衆議院議員となっておよそ2年。

街頭で掛けていただく声。身近でさりげなく添えてくれる手。
多くの人々に支えて頂いたからこそ、真っ直ぐに突き進むことができた2年間でした。
改めて、心から感謝を申し上げます。
私が政治を志した原点はやはり、東日本大震災後、故郷を支援する活動のなかで痛感した部分にあります。

 国難と言われる状況において自らそれを経験したとき、「この国のかたち」をより良くしようと決意しました。
 この2年、この志は何ら変わりません。今後も変わることはないでしょう。
 そこに、この2年の経験から感じてきたことを踏まえ、ひとつ私の政治姿勢として追加しました。

政治は、社会的弱者のために行われるべきである。

 

 私は、努力をし結果を残した人が正当に評価される社会が基本にあるべきと考えます。
それが社会の発展には不可欠な要素だからです。
これを達成するために、まずは『自由で、公正で、開かれた社会環境』を整えることが重要。
そこで皆さんが競い合って、より優れた価値を産み出すことで、社会は進歩していきます。

一方で、世の中には、努力ではどうしても克服できない差というものも存在します。
子どもから大人になる過程での環境や、身体的なハンディキャップなどもそれに含まれるでしょう。
『自由で、公正で、開かれた社会環境』が整備されても、個人の努力が及ばない理由でその場に立てない人々がいるとしたら、それを助けられるのは誰でしょうか?

それこそが、政治の役割です。

子ども、お年寄り、ハンディキャップを抱えた人々、災害に直面した人々。
社会的な問題も次々に発生する現代において、弱い立場にいる人々が前を向き力強く歩み続けていけるように支えるのが、政治の重要な使命だと思います。

林 宙紀の政治姿勢

林宙紀

利権、腐敗に屈さぬ覚悟 = 身を切る改革

最近、「政治とカネ」の問題が大きくクローズアップされました。多くの方々が、「やっぱり政治家って奴らは…」と思われたでしょう。

お金に関してやましいところなく活動している政治家も少なくないはずですが、
「お前たちだって一緒だろう」と思われても仕方がないくらい、この問題が政治不信を強くしたことは否めません。

では、どうしたら政治家が信頼されるようになるのか。

それには「覚悟」を示すことが必要なのではないでしょうか。
金を求めるのではなく、純粋に国民本位の政治を行うという強い覚悟。

維新の党は、「身を切る改革」を公約として明記しています。

その中の、「議員定数・議員歳費の3割削減」。

自らの報酬を削ってでも、私たちは国政の場で闘い続け、改革を成し遂げる。

政治家を堕落させる利権、国民を置き去りにする政治腐敗には、絶対に屈さない。

愚直に貫き続ければ、
「あいつは今までの政治家とは違う」
と評して頂ける日が、必ずやってくると信じます。

見せかけじゃない、真の政治家たる覚悟を!!

林 宙紀プロフィール

Profile
経歴
宮城県仙台第一高等学校 卒業
ラグビー部(副将・バックスリーダー)
東京大学教育学部 卒業
アメリカンフットボール部 主将
政策研究大学院大学 国際開発学コース修了(開発学修士)
国連開発計画地球環境ファシリティ インターン、
ソニー株式会社(財務部)を経て、
関東民放各局にて ラジオDJ、ニュースキャスター、ナレーター等として活動
2012年12月 第46回衆議院議員総選挙にて初当選
昭和52年11月13日生
趣味
天体観測(議員になってから望遠鏡出せてません…)
料理 (自慢は「はらこ飯」です!)
過去の所属委員会
東日本大震災復興特別委員会
農林水産委員会
環境委員会

活動報告

Contact

Thank you! I have received your message.

お名前

メールアドレス

お問い合せ内容

【林宙紀事務所(民進党宮城県第2区総支部)】

〒981-3133
仙台市泉区泉中央4-19-1 プラーナ泉中央201
TEL: 022-347-3235
FAX: 022-347-3238

【メールアドレス】

info@hayashi-hiroki.net